【永住権申請】SEGIPでの身分証明書申請の流れ

虹ボリビア生活

ボリビアへの移住及び永住権の取得に興味がある方へ向けての情報です。ミグラシオン(移民局)での手続きについてまだご覧になっていない方はまず以下の記事からどうぞ。

ミグラシオンでの永住権取得申請が完了したら、すぐにSEGIP(セヒップ)で新しいカルネ(Carnet)を発行するための申請をしに行くことになります。カルネとは登録された居住者が所持する身分証明書のこと。日本でいうところのマイナンバーカードのようなものです。

ミグラシオンではボリビア政府に対し居住権を申請する訳ですが、承認されビザが発行されるだけでは不十分。カルネの発行をもって一連の永住権申請ははじめて完了します。

SEGIPへは少なくとも3回行く必要がある

電子申請が今も発達途上にあるボリビアでは、自分の足で施設へ出向く必要があります。その回数は一つの手続きのために複数回に上ることはザラで、SEGIPの場合も例外ではありません。少なくとも3回行く必要があり、筆者の場合は余計に1回多くこの場所へ通うこととなりました。

1回目:手続き予約

↓(約1週間程度)

2回目:写真撮影及び本手続き

↓(約1週間程度)

3回目:カルネ受け渡し

以上のようにそれぞれ1週間ほどの待ち時間を必要とするため、どれだけ急いでもカルネ取得のために2週間以上はかかると想定しておくと良いでしょう。

SEGIPの場所とアクセス

SEGIPはVentura Mall(ベントゥーラ・モール)3階の大通から向かって左側にあります。4to anillo(内側から4本目の環状大通り)に位置するため、サンタクルス市中心部からの所要時間はおよそ30分と計算しておくべきでしょう。

ミクロでアクセスする際は、ミグラシオンの3本北にあるCharcas通りから45または103を探しましょう。目的地周辺では買い物客や学生で混雑するため、降りるタイミングを逃さないようお気をつけて。

必要書類と事前手続き

SEGIPで手続きを予約する前にそろえておく書類やっておくべきことがあります。以下の通りです。

  • パスポート(原本とコピー、念のため多めに4枚程度持っておくと良い
  • Permanencia otorgada por Migración(ミグラシオンで受け取ったもの、原本とコピー)
  • Acta de entrega otorgada por Migración(ミグラシオンで受け取ったもの、原本とコピー)
  • 記入済みの仮登録申請書(ミグラシオンで受け取ったもの? おそらく不要)
  • Resolución administrativa de Migración(ミグラシオンで受け取ったもの、原本とコピー)
  • 600Bsの支払い受領証(本人名義、原本とコピー)
    ※支払い口座はBanco Union「10000007364742」
  • 以上の書類を黄色いフォルダに挟んで提出

入念に確認のうえ、なるべくすべての書類のコピーをとっておきましょう。

併せてミグラシオンから直接来る際は、必ず途中でBanco Unionに立ち寄って振り込みをする必要があります。お忘れなく。

手続きの流れ

手続きの流れと注意事項についてご説明します。

1回目:手続き予約

できれば午前10時、遅くとも11時までには到着しておきたいところです。たとえば、ミグラシオンで8時半頃ビザを受け取ってその足で来ることができます。

人が数本の列を作っているかと思いますが、もっとも確実なのは入口で人員整理をしているスタッフに尋ねることです。”para extranjero”、”para solicitar”などと言えばわかってくれると思います。指示された列に並びましょう。

中に入ったら、もっとも左側(壁際)にあるカウンターに並びましょう。列を間違えると時間の無駄なのでご注意を。

同じ人がカルネの受け渡しをしているかもしれませんが、辛抱強く待ちます。自分の番が来て書類を提出したら完了です。

最後に次に来るべき日時カウンター番号を伝えられます。おそらく約1週間後になるので、予定を確認しましょう。

2回目:写真撮影及び本手続き(時間厳守)

次はカルネに使うための顔写真の撮影のために行きます。

ここで本当に注意しておかなければいけないのは、時間厳守であること。筆者は午前9時ちょうどの予約にワケあって15分ほど遅れてしまったのですが、「もう順番は過ぎた」と受け付けてもらえませんでした。結局初日のカウンターに戻り振替日の予約を入れてもらうこととなりました。1週間の損です。

時間帯によってはモールがまだ開いていないことがあります。そんな時はスーパーマーケットの入り口を裏側に通り抜け、出口を右側へ進んでいくと別の入り口から案内してくれます。おそらくたくさんの同志たちがいるはずなので、迷うことはないでしょう。くれぐれも時間に余裕をもって到着するべきです。

SEGIPに入れたら、初日のカウンターの裏側に1~4番までのカウンターがあることを確認。その近くにあるベンチで呼ばれるのを待ちましょう。もし前の枠が早く終わるなどしていれば、早めに呼んで手続きをしてくれるかもしれません。

写真撮影とサインを終えたら指示されるままに初日のカウンターに戻り、受け渡し日を確認します。再び1週間ほど待つことになります。済んだらこの日の手続きは完了です。

3回目:カルネ受け渡し

2回目の時と同じ要領でSEGIPへ到着、中へ入ります。カルネを受け取りに来る人のタイミングはバラバラなので列はできていないかもしれません。初日のカウンターに尋ねパスポートなど必要な書類を提示し、カルネの記載事項に間違いないことを確認したらサインします。

この瞬間をもって一連の永住権申請手続きはすべて完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました